会長挨拶

日本酸化ストレス学会 会長

筑波大学医学医療系消化器病態制御医学(消化器内科)
松井 裕史

第75回日本酸化ストレス学会年次集会を2022年5月25-26日Webで開催いたします。当初つくば国際化会議場での開催を予定しておりましたが、オミクロン株の発生等不確定な事象を勘案し、Webと決定いたしました。対面での集会を楽しみにされていた会員の皆様、申し訳ありません。而して、一臨床家の端くれとして、感染症蔓延の一因を会長自ら発起することは肯ぜず、忸怩たる思いの中対面開催を断念いたしました。どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。
今回の年次集会のテーマは私の一存で「盲亀の浮木、優曇華の花 ーSerendipityを求めてー」としました。
30年以上も前、小職も大学院生でした。仮説を証明すべく黙々と細胞を培養し、証明に失敗し、また細胞を準備する。そんな日々の中で、射したほんのわずかな光を縁に彷徨い続けいくつかの思いもよらぬ贈り物を手にしました。直向きさの継続は必ずや成功体験につながるということを、この学会を通して共有できれば幸甚に存じます。

error: このコンテンツはコピーができないようになっております。